Sponsored Link

2007年03月14日

フォトフェイシャルとレーザー光線の違い2

フォトフェイシャルは、写真のフラッシュのような強い光を利用します。
フォトフェイシャルもレーザー光線も、
お肌の美白に効果がありますが、
レーザー光線は照射する光の波長が単一です。
レーザー光線は、フォトフェイシャルよりはるかに強力な光を使用します。


一方のフォトフェイシャルは、
その波長が広範囲(500nm〜1200nm)にわたっています。

そのため、シミや赤ら顔、毛細血管拡張やニキビ、シワなどの、
お肌のいろんなトラブルを同時に治療できます。

いろいろな波長が一度に出るので、
いろんな効果をもたらすのです。

フォトフェイシャルには脱毛のための光もあれば、
シワ取りのための光もあり、
シミ取り、あざ取りの光も含んでいるのです。


フォトフェイシャルも強い光ではありますが、
レーザー光線よりは、はるかに弱い光です。

そのためフォトフェイシャルは、
レーザー光線治療のように一度で強力な成果は出ません。

その分、リスクやお肌へのダメージが少ないです。


しかしながら、
リスクが少ないといってもかなりの熱ではあります。
カメラのフラッシュよりは、強い光です。

ときには、かさぶたができることもあります。


ただ、たいていは、
治療した約20分後からお化粧や洗顔ができます。


 
フォトフェイシャルはレーザー光線治療と違って、
基本的にはノーダウンタイム(悪化する期間がない) の治療です。


離婚後のうつ体験談


「フォトフェイシャルで赤ら顔、シミから美白へ」のトップページにもどる

posted by ちほりん at 10:38| フォトフェイシャルとレーザー光線の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byフォトフェイシャルで赤ら顔、シミから美白へAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。