Sponsored Link

2007年03月14日

フォトフェイシャルのメリットとデメリット

【フォトフェイシャルのメリット】

@フォトフェイシャルは、
お肌にやさしい「光」を使った治療なので、
お肌へのダメージが少ないことです。

Aフォトフェシャルの光は、
肌トラブルの原因であるメラニンや毛細血管などに当たると、
光のエネルギーが熱に変わります。
それでメラニンをこわし、毛細血管を縮小させたりします。

フォトフェイシャルの光は、
お肌のトラブル原因だけに反応するため、
素肌を傷つけることがありません。

お肌への負担が、ほとんどありません。


Bフォトフェイシャルは顔全体に一度に光を当てて、
顔全体のお肌の総合的な治療ができます。


Cフォトフェイシャルは、
痛みもレーザー治療に比べると少ないです。

またフォトフェイシャルで、
照射した部分が赤くなることはありますが、
傷跡で残ることはありません。


Dフォトフェイシャルの治療時間は、短いです。

Eフォトフェイシャルの施術後のダウンタイムは、短いです。
そのため、フォトフェイシャルのあとすぐに、
お化粧や洗顔ができます。



【フォトフェイシャルのデメリット】

@フォトフェイシャルは、
1回の治療では大きな効果がないことが多いです。

約3週間の間隔をあけながら、
5回〜10回の治療を受けるといいといわれています。


Aフォトフェイシャルは数回の治療にわたるので、
費用がその分かかる。

また、手間や時間もかかる。


またフォトフェイシャル自体がすべての人に効果がでるとは限りません。体質や肌の状態には個人差がありますので、中には満足な効果を感じられない人もいます。

Bフォトフェイシャルは、
妊婦やアトピー性皮膚炎などの方には
フォトフェイシャルの刺激が強すぎてしまいます。

その他、500mm〜1200mmの光に対して感受性を高める薬を服用している方、
皮膚に病変がある方、
てんかん発作の既往がある方、
治療1ヶ月以前に激しい日焼けをされた方、
糖尿病やアルコール中毒の方、
ケロイドになりやすい方、
悪性疾患が疑われる方などには、
フォトフェイシャルを行うことができません。

フォトフェイシャルが肌にダメージを与える可能性があるため、
治療を受けることができないのです。


ETC購入体験


「フォトフェイシャルで赤ら顔、シミから美白へ」のトップページにもどる

Copyright© byフォトフェイシャルで赤ら顔、シミから美白へAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。