Sponsored Link

2007年03月14日

フォトフェイシャルとレーザー光線の違い

フォトフェイシャルとは、「光」をお肌に当てて美白効果をもたらす治療です。
このフォトフェイシャルの「光」とは、
IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光で、
レーザー光線とは違ったものです。

フォトフェイシャルでは、シミやシワ、そばかすやたるみ、ニキビあとや赤ら顔(血管拡張)、毛穴の開きなどに美白効果があります。


一方のレーザー光線は、メラニン色素をもつ細胞だけに反応する
のです。
レーザー光線のこの性質を生かして、
シミやあざなどを治療して、美白効果を高めるものです。


基本的には、
フォトフェイシャルもレーザー光線も美白効果を高めるものですが、
治療の対象となるものや効果が多少違っています。


というレーザーの性質を生かした治療法です。周囲の組織を傷つけることなく、色素だけを消すことが可能です。また、傷痕を残す心配はほとんどありません。痛みもほとんどなく、治療は短時間で終了します。


【フォトフェイシャルとレーザー光線の違い】

@フォトフェイシャルは、
シミやソバカス、赤ら顔やシワ、毛穴の開きなどいろんな症状に効果があります。

一方、レーザー光線は、
症状によって、いろんなレーザー光線の機会を使い分ける必要があります。


Aフォトフェイシャルでは、顔全体に一度に光を当てることができます。

一方のレーザー光線は、
気になる肌の部分に、ピンポイントでレーザー光線を当てます。


Bフォトフェイシャルは、治療が終わってすぐに洗顔やメイクができます。

一方のレーザー光線は、
レーザー光線をあてた部分にかさぶたができたり、
色素沈着がおこります。
そのため数日から数ヶ月は、
ガーゼをはって過ごす必要があります。


眉毛・まつげ・育毛・発毛


「フォトフェイシャルで赤ら顔、シミから美白へ」のトップページにもどる
posted by ちほりん at 09:45| フォトフェイシャルとレーザー光線の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byフォトフェイシャルで赤ら顔、シミから美白へAll rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。